スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパ

2010.01.11.Mon.02:36
昨日 娘のお友達んちが寿司店をやっていて

そこで食事したの

とてもめずらしくダンナが酔っ払ってしまって困ったわ

おともだちのパパさんが板さんなんだけど

2人で娘の話などして・・・

お酒をかなり飲んでしまって ほぼつぶれた状態になりました

おともだちのママさんが言ったの

いいダンナさんだよねぇ~

○○ちゃん こんなパパさんに愛されてしあわせよ

ダンナが言った

俺はね 娘をどう愛してるのかわからんのよ

普通に養ってきただけで なにも教えてない

ただ 娘の人生に責任負ってる

その気持ちしかない

ほぼへべれけになりつつそう言った

お勘定の段になり 財布に14000円しか入ってなくて ワタシ^^;

お会計が16000円だった 苦笑

ダンナに借りたけどね



パパでいることはダンナにとっても大変なことなんだなぁ

娘の目に ダンナの背中はどう映ってるのだろう





たまに思う

ジェジュンは ユノパパとユノの関係をどうみているんだろうって・・・

強い父親像というか

そんなお父さんのイメージがユノパパにはある

そのパパに誇れる人間になろうと努力するユノ

ジェジュンには養父がいるけれども

そういう強い父親像を持つようなひとには見えない

優しいけれど インパクトの弱いお父さんという感じで

きっとたくさんの女ばかりの家族に囲まれて発言力が弱そうに見えた

うちには男の子がいないからよくわからないけど

やっぱり男の子にとっての父親像っていうのは

すごく大切なものだよね?

男としてのこう生きるべきって道しるべになるというのか

それは娘に教えるものとは 全然ちがう種類のもので

男の子にとって結構大切なもの

やさしさだけじゃなく強さも含まれていて・・・

そういう男らしい強さみたいなものを学ぶことが

ジェジュンにはなかったのか なんて思う

ジェジュンにはやさしさ こまやかさが備わっているけれど

やっぱり人間的なやさしさが多い分 強さにかけるというのかなぁ

だからこそ たまに情緒不安定になったりするのかなぁと

彼が15で家をでて 苦労したのはご存じの方も多いと思う

誰にも頼らないで ひとりで生きてきて

その間にものすごく孤独を感じて泣いた日もたくさんあった

誰かそばにいてほしいと思ったこともあっただろうね

家をでたというのは やっぱり養父母の場所は

自分の居場所ではないと思ったのかしら・・・

娘を見てて思うのだけど 151617の間って大人になる入り口期間で

そこを乗り越えるのがつらいときもある時期なのよね

その入り口でジェジュンはひとりで自力で生きてきた

そばで支えてくれるはずの家族にも頼らないで・・・

どんだけ辛かっただろうと思うと泣けてくる

そんな彼の家族になってくれたのが 4人だったのよね

彼の居場所が東方神起だった

うれしかったろうね 居場所ができたから

同じように泣いて 同じようにお互いをいたわり合う

彼にとって絶対なくしたくないものなはず

それは今でも・・・

だけどメンバーそれぞれには家族がいる

ジェジュンにも家族はいる

いるけれども 正直泣き言が言える状態かというとそうじゃない

ユチョンもそう

彼にも家族はいるけれど 彼は支える立場で泣き言が言えない

自分が家長という意識が根底にある

だから2人はソウルメイトなのよね

頼れない 戦わなくてはいけない

2人には 強い父親がいないから

自分を自分でささえないといけない

奮い立たせる気力を自分で持たなきゃ生きていけない

やっぱりユノとは少し違うんだなぁと・・・

お手本がないから自分で切り開く

分かれてしまったのは なんかそういう心の違いみたいなものが

少しは関係しているのかと そんな風に思った

なんかわかんないけど

パパのいる3人と チョンジェはやっぱり背負ってるものの中身が

ちがってしまうのは仕方ないのかもしれない

だからこそ そんな2人が愛おしく感じてしまう







コメント
No title
いつもご主人の言われた台詞を読むたびに、
危うく惚れそうになってしまいますが、
そういう言葉をブログに書かれる、ということは、
それだけピクシーさんがご主人を愛していらっしゃる、ということなんですよね。
うらやましいです。
ソウルメイト
実父がいなくてソウルメイトであり家長で優しい性格でタトゥーをしていると共通点だらけの二人、
今でも家長の考えがすべてに強い家族の国で、
背負ってるものが20代前半の若者には多きすぎて正直潰れないかと心配で誰か彼らの人生のアドバイスお願いできる人が欲しいですね。
MFでのペットはイヌ派かネコ派かの恵さんの問いに
「ペットはイヌでもネコでもなく一緒に住んでるメンバーです」と嬉しそうに話してましたが
未公開映像になったの判ります、
ジェジュンが話したペットの話今となっては切なくてやるせない思いにさせられました。
今のジェジュンあるのは?
ホントここでは、ピクシーさん・ジェジュペンのみなさんの向いている方向が同じでホッとします。
ジェジュンにハマったところは数えきれない程あるけど、彼の周りにはあまり家族の姿が見え隠れしないで、独り立ちしている姿も好きな一面です。危なっかしい時もあるけど、メンバー・友達を家族の様に大切にするジェジュンはりっぱなおとなの男ですよね。それだけに、今の状況はどんなに辛いか。「忘れないで」の歌詞のような性格もあるが、しっかり将来を見据えて生きる逞しさも持っていますよね。ある雑誌に「今年はジェジュンには”蘇生運”がある。運気最良で今後成功するでしょう。」と歴術師が言っていました。乙女なところも好きだけど、時折みせる野心家ジェジュンも見守りたい。でも一番好きなのは、メンバーの中でのジェジュママの部分かな?今の彼があるトンバンラブファミリーを永遠に応援したい♡簡単には崩れないよね。今の状況の中でも「BREAK OUT」のすばらしいP/Vできたんですものね♪
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
理解できます
ピクシーさん
おっしゃることがとても良くわかります
背負っているものが違って 大きすぎる
支えてくれるはずの強い父親像が 見えない二人
やはり 大切な強い つながりの二人ですね
契約の背景について
親の社会的地位が、契約の内容にも影響していると聞きました。(韓国は今でも、日本よりずっと階級社会で親の社会的地位に子供の人生が影響されるといいます。韓国ドラマを見ていてもそうですよね。)

最初から、2人(ユノとチャンミン)の契約は他の3人とは違って、かなり有利(かなりまとも)なものだったのだという話を聞きました。それでも、十分ではないから不満はあるだろうけど、3人のように訴訟をするというリスクを犯すまでの内容ではないし、また、親にも訴訟を起こすことがどんなに大変でリスクの高いことかを諭されていたのではないかと予想できます。

(まさか、あんなにあっさり3人が実質的な勝訴を手にするとは、チャンミンとユノの親も思っていなかったでしょう。3人がうまくいかなかったときに、SMに帰れる道を作っておくようなつもりだったのかもしれません。)

ユノとチャンミンの親は、学歴も社会的地位もあり、おそらく契約の最初からしっかり契約内容にも目を通し、最低限の修正は、最初の契約時にSMに要求した可能性があります。

でも、3人の親は、めくら印をおしてしまった可能性は高いですよね。(そんなに学歴も高くないし、社会的地位も高くないから、SMと対等な話ができはしなかったでしょう。)

そして、現在、みなさんがおっしゃっておられるように、特にジェジュンとユチョンは家計をささえていく立場にあります。いくらやりたいこととはいえ、身分保障されていない契約に人生をかけるほどのリスクを犯すことはできなかったのは確かです。

また、ジュンスも、ジェジュンもユチョンも性格的にも、自由人だし、自営業向きですよね。(明らかに、まじめで堅実なチャンミンとユノは企業向きです。)

ある意味なるべくしてなった状況ともいえます。
ただ、日本人と違って韓国の方ははっきりしているから、日本のスマップのように曖昧に争うことを避けながら、うまく運ぶことは性格的にできなかったんでしょうね。

スマップだって、キムタクが、うまくジェニーズと交渉してきたことが現在のジャニーズがしっかりギャラを払うようになった基盤になってますから。(キムタクがいなかったら、ジャニーズだってもっと今のSMに近かったはず)。

東方神起は、韓国でのスマップ的存在ですよね。単なるアイドルではない。こういうアイドルは、今後そう簡単に出てくるものではない。

日本人はその価値がよくわかっているけど、今までそういう経験をしていない韓国社会は日本ほど東方神起の価値がわかってないんじゃないかなあと思いました。

でなければ、今頃になって、ジュンスのチケットパワーを驚いたりしないですよね。日本人からしたら、当たり前だから。(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そうですよね
pixyさん みなさん こんばんは

心落ち着かせながら なるべく静観して見守ろうとしているのですが
だんだん意図せぬ方向へと進んでしまうのかと・・・辛い悲しい。。。

pixyさんのことばはうなづくことが多くて とても共感します。
ジェジュンは実家を出て苦労したことは 夢の実現だったけど 
自分の置かれた状況も絶対関係あると私も思います。
そのことを口に出さない 実母も養父母もとみんな仲良くする 普通できない。
実家に居場所がなかったとは思わないけれど 人とは違うと深い痛みはあったはずです。
ま それがジェジュンを奮い立たせるエネルギーになったのだろう とも想像します。

逆境にめげずに苦労してきたけれど 東方神起と言う5人のメンバーと巡り合ったことが
家族兄弟親友戦友 何にも変えられない仲間を得て
ジェジュンは本当に幸せだったと思いますよ。

好事魔多し。。。

5人が何を思い何をしたいのか 私にはわからない
5人の行く末の幸せを祈ることしかできませんが
・・・ただ 利益しか考えない大きなものに飲み込まれないように
利益優先の争いの捨て駒みたいになるのだけはやめてほしいと願っています。

ほんま心配です(T_T)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
だんだん後戻りできなくなってきてるようで、心配です。
もちろん、後ろを振り向かず、前だけを見て前進しているのでしょうが。
ジェジュンファンの私ですが、今回ばかりはユノの考え方に賛成している自分もいます。ジェジュンの今の姿を応援している方には大変申し訳ない意見かもしれませんが、これもジェジュンへの愛なんですね^^;。笑って許して下さい。一緒に苦労してきたホミンのことを思いやって欲しい・・・なんて・・・確実な状況もわからないまま勝手な思いですが。ジェジュンにはユノを頼っていて欲しいって願望がありますもので・・・。
No title
パスありがとうございました。何度か送っていただいたとのことこちらのパソの不具合からか、お手数かけてすみません。
おっしゃるとおりチョンジェは背負ってきたものがホミンとは違いますね。
家族はあっても実際には孤独だったジェジュンにとって初めてできた家族が東方神起、そして泣きごとや本音を話せてこころを許しあえた仲間だった東方神起。ジェジュンにとって東方神起でなくなることは一番つらいことだと思います。でもこうするしかなかったならどんなジェジュンも応援します。
五人のなかで嬉しそうな幸せなジェジュンを見たいけど、それがかなわないならジェジュンが行く道を応援するしかないです。その先がすこしでも温かい場所、明るい場所であってほしい。私たちは何ができるのだろう。毎日悶々としています。
誤算だったんだろうねぇ
最初 最悪解散も覚悟して行動を起こしたみたいな
話もあったけど
やっぱり あとでふたりも一緒にって
考えがあったんだね
それが違う方向へいってしまって
3人も ふたりも 戸惑ったんだろうね
そのときはもうすでにまわりが違う方向へ
進んでしまって
あともどりが 出来ないような状態に。。。
SMがもう少し彼らに気を配っていれば
こんなことは起こらなかった
3人の気持ちを軽く考えていた
残った2人の気持ちさえも 軽く考えていた
5人は 離れることは考えていなかったはず
なんとかなるとおもっていたかもしれない
でも事態は思わぬ方向へ動いていってしまった
自分たちで軌道修正できなくなっていた
動いても空回りするだけになっていた
5人の思惑はあまかった
自分たちの問題で 自分たちの問題ではなくなっていた
どんな契約をかわしたのか知りたい
3人にとって未来のあるものであることを
信じたい
あの時 SMが もっと早く 誠実をもって
3人に接していれば こうはならなかった
ソウルコンの月までしか 払ってないなんて
散々コンサのために 働かせておいて
そりゃぁないだろう
そんなことすっから
きっかけをあたえてしまったじゃないか
アジアの宝を 自分の手でこわしてしまったじゃないか
今頃 気づいてもおそいんだよ
まだ 気づいてないのか・・ひょっとして
救いようがない
本当に解決の道はないのだろうか
韓国の内情がわからないわれわれは
どうすることもできない
とても悔しさとむなしさを感じる
目の前の 仕事に 目をむけるんではなく
ちょっと立ち止まって 冷静に考えてほしい
何年かたったあとで
こうだった・・・なんて話は聞きたくない
あとからなんて いらない
今・・・それしかないのか ほかにないのか
考えてほしい
流されないでほしい
5人でまとまれば まだ 覆すことができるんじゃないのか
あきらめるのは まだ 早いんじゃないのか
・・・・・・・ふっ
ちょっと ネガってみました・・・


今が本当に幸せです
 何が真実なのかわからないような情報ばかりのなか、ここに来てみると、ほっとジェジュンのことが考えられます。安心します。             ピクシーさんのコメント見て、思い出す場面がありました。          HEY!HEY!HEY!に出た最初の頃、ジェジュンが、  「今が、ほんっとに幸せです幸せです」 言って、ダウンタウンや観客やメンバーまでも笑っていたんだけど、(私も可愛いことを言うなぁー・て笑いましたが)・・・ジェジュンは、もう一生懸命、「いや、五人で暮らせてほんとーにしあわせなんですよ」って、大真面目に繰り返してました。 ・・・今思えば、あれは、まったくの本音で、あの頃の彼は夢も叶い、家族みたいに暮らせる仲間もできて、大げさでなく、ホントに幸せだったんですね・・本気で言ってたんですね・・・

彼がまた幸せになれますように、と願わずにはいられません。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ジェジュンをお願いします。
ピクシーさん!ご主人も素敵な方なんですね。
ご主人のおっしゃることから、上っ面だけでない深い愛を感じました。
その気持ちが、お嬢さんにしっかり届いていますように・・・。

そして、ジェジュンのこと。
私も、尚やんさんが書いていらっしゃるHEY!HEY!HEY!でのジェジュンのコメントを、覚えています。
あの時、本当はそういう場面ではないはずですが、
ジェジュンの生い立ちを思って、「5人での暮らしで初めて、ジェジュンは本当の居場所を得ることができたのかなぁ・・・」と勝手にジーンと来てしまったのでした。
もちろん、育てのご家族に愛されていなかったんじゃないかとかそういう訳ではないのですが、
心から甘えたり頼ったりできる場所とはちょっと違っていたかもなんて思ってみたりもして・・・。

「東方神起が無くなったら生きて行けない・・・」
とまで言ったことのあるジェジュンが今どんな気持ちでいるのか、ずっと心配でした。
それでも、まだ私が大丈夫でいられたのは、ユチョンがジェジュンのそばにいてくれたからです。
ユチョンは、以前からジェジュンにとって特別にフィーリングの合う・・・安心できる・・・、そんな相手なんじゃないかと思っていたので、
ちょうど、Colorsのプロモの時期と重なったということもあったでしょうけれど、ずっと一緒だったことが心強かったです。

ユチョン&ジュンスへ
5人がまた一緒に心から笑える日が来るまで、
どうかジェジュンをよろしくお願いします。
・・・・・・と言いたい気分です。
(ジェジュンにしてみたら、余計なお世話でしょうけれど^^;)

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。