スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェジュンの才能

2011.02.13.Sun.03:24
こんばんは

おとついのMBNのインタビューでは ホントに素顔のままで出演したジェジュン

忘れないでを歌ってくれましたね

ひさしぶりですよね こうやって歌ってくれるの

ジェジュンは忘れないでを2008年の9月ごろに作った

大体の形ができるまで3日もかからず 歌詞は最初から日本語で考えた

モデルになった女性がいると答え

恋愛したときの1部を書いたと・・・

別れても 新しい恋人ができても 待っているからいつでも来て

そういう思いを込めたとインタビューでこたえています

クぅ~ その相手のおんなが うらやましくて憎いぜ 笑 
はじめて 忘れないでを聞いたとき

マジで 背筋にぞくぞくしたもんを感じたんですよね

んで勝手に ジェジュン専用のPVが製作されてですね

ジェジュンがベッドに座って彼女のことをいろいろ考えてる姿

眼を閉じてるジェジュン

窓の外を見つめるジェジュン

彼女との思いでを見つめてるジェジュン

でも相手のおんなのひとはわかんないから のっぺらぼうなのよ 笑

そののっぺらぼうの彼女は ジェジュンを忘れられたのかしら・・・

うらやましくてたまんないわ






この忘れないでとDon`t cry my loverは 連動してるように思うのよね

だってどっちも 別れちゃった恋人を吹っ切れないじゃないですか?

引きずってるんですよ 

振られちゃった側なのかな ジェジュンはきっとね

人間て傷ついてるときのが 詩人になれたりするじゃないですか?

傷をいやす過程でそのころを思いながら作る

うまくいってるときよりもいいもんができたりするのかもですね

しかしこの動画みてると ジェジュンの声もせつないけど ジュンスもうまいね








ライターとしてのジェジュンて

すごく引き出しの多い人ですよね?

そういえばKissしたままさよならもジェジュンの作曲でした

これは恋人との永遠のお別れみたいな映画のシーンみたいな曲

長い曲でした

ピアノの旋律が美しい

最後の溜めて溜めて絞り出すジェジュンの さよならぁあああああは圧巻でしたが

これは作曲のみ担当

4thの9095は 編曲も彼

幻想的な曲でしたよね

この曲でもピアノがとっても活かされてましたが

ああ彼はこんなものも作るんだと 驚かされました

Still in Loveも9095の流れ組んでる感じですね

チョンジェで出したMelody&Harmonyは

安らぎ系でギターを効果的に使っています

この曲もジェジュンの曲作りのレパートリーの広さを教えてくれたひとつです

Shelterもそうですね

この2曲は編曲も手掛けています

彼の作品が 韓国では1曲しか世に出されていない

彼がとどまっていたら 彼の才能は・・・・

そう思うと これでよかったのだと思えます





コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ジェジュンの歌
 私は、普段からも、どちらかとうと短調、つまりマイナー、悲しいメロディーが大好きなんです。   ジェジュンの作曲する歌、歌詞が切ないかメロディーが悲しいか、不思議か・・・淋しい曲が多いから、どれも、ツボ?です。 最初は、エッ?と思った曲も結局、大好きになる、ハマります。 寂しがり屋さんな面が曲に出てますね・・。しかも、優しい寂しがり屋さん。  
 そうそう、さきほどのインタビュー、すぐに字幕を付けてくださった方が居て・・・。楽しめて、感謝してます。
忘れないで
ここのところ5人時代の歌は封印していて聞いてなかったんだけど、先日、無性に「忘れないで」が聞きたくなって、車を運転している間中、ずっとリピして聞いてました。インタビューで歌っているのを見てビックリ!切ないけど、心がじんわりする曲。その温かさがまさにジェジュン。ジェジュンにとってもペンにとってもかけがえのない一曲ですね^^
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。